京都府産 壬生菜

独特の風味と歯ごたえがお漬物やおひたしにピッタリ!
画像を拡大する

※お写真はイメージです。
実物はお写真と異なる場合がございます。

  • オススメ
  • 限定品

商品コード: 京都府産 壬生菜 1束

京都府産 壬生菜

販売価格(税込):270

関連カテゴリ:
旬の京野菜
数量:

壬生菜のルーツ

 壬生菜のルーツは1800年代にみず菜の一変種が自然交雑ででき、
 現在の中京区壬生付近で多く栽培されていたようで、
 文化元年(1804)の文献にも明らかな記載があります。

 文字通り、壬生近辺で栽培されていた事から『壬生菜』と
 呼ばれるようになったと言われています。

壬生菜の特徴

京都府産 壬生菜
画像を拡大する

 
 壬生菜の特徴は、みず菜のように葉にギザギザがありません。
 葉の形は細長く、丸みを帯びたヘラ状をしています。

 みず菜独特のシャキシャキした歯応えの中に、
 からしに似た風味があり、昔からお漬物の材料として
重宝されてきました。

 業界では、みず菜のことを「切れ葉」と呼ぶのに対して、
 壬生菜のことを『丸葉』や、『丸みず菜』と呼んだりします。

 もとの旬は秋冬で大株での栽培が主でしたが、
 京みず菜同様に小株での出荷が主流になり、
 ハウス栽培の導入で一年中出荷されるようになりました。

壬生菜の栄養価

 
 壬生菜はビタミンCが豊富で、風邪の予防や美容効果、
 肝臓の解毒にも役立つと言われています。

 ほうれん草の約1.4倍も含まれていて繊維質も多く、
 ヘルシーで体に優しいすぐれものの京野菜です。

壬生菜の美味しさ

 
 もともと秋冬が旬なので、寒くなる時期が
特に美味しくなります。

 みず菜同様に鍋物料理にはピッタリです。
 独特の風味と歯ざわりを楽しむために煮すぎない事が
ポイントです。
    
 おひたしやごま和えなども美味で、
 ピリッとした風味をより一層引き立てる為少しからしを入れた
 からし合えなんかもオツですね・・・

 オススメはお漬物♪♪

 京つけものでもお馴染みの一夜漬けなどは
 壬生菜の風味が最高に味わえる食べ方で、
 細かく刻んだ壬生菜のお漬物を、
 アツアツのご飯にまぶして食べると最高です。

 京の風土に培われた京の壬生菜。
 是非、ご賞味下さい!

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • これぞ京野菜!

    2013/08/26 投稿者:mangiamo おすすめレベル:★★★★★

    美味しいです!
    お漬け物、おあげさんと炊いたり、、、
    下ゆでなしで料理できるのも嬉しいです。

その他のオススメ商品

京都府産 花菜 1パック(約300g) 

販売価格(税込): 1,836 円

春の香り、季節感たっぷりの京野菜

このページの上部へ

お買い物状況

合計数量:0

商品金額:0円

お買い物かご

ログイン

八百由商店取り扱い商品カテゴリー

京野菜の大量購入をお考えのお客様へ

京野菜を愛する店長の雑感ブログ

京野菜レシピ集

2020年6月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2020年7月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31