京都府産 海老芋          

これぞ匠の技!
冬の京を彩る伝統野菜
画像を拡大する

※お写真はイメージです。
実物はお写真と異なる場合がございます。

  • NEW
  • オススメ
  • 限定品

商品コード: 京都府産 海老芋 500g(2〜3個入)

京都府産 海老芋          

販売価格(税込):810

関連カテゴリ:
旬の京野菜
数量:

海老芋のルーツ

京都府産 海老芋          

  江戸時代の安永年間(1772〜81)に
  青蓮院宮(しょうれんのみや)が九州を巡業した際、
  長崎から持ち帰った唐の芋(とうのいも)の種を
  宮に仕えていた平野権太夫が拝領して
  京都東山・円山の地で栽培をしたところ、
  海老のような模様と形の芋ができ、
  これが今日の海老芋のルーツのようです。

匠の技

  海老芋特有の模様、形、味を作り出すのには
  独特の栽培技術が必要で、栽培過程の中で
  何度も土寄せをし、その土の重みによって
  形を海老のように湾曲させるそうです。

  土入れ一つで変わってしまうくらい栽培が難しく、
  まさに長年の熟練の技ともいうべき
  匠の技が必要なのです。

海老芋の特徴

  肉質が非常にきめ細かく、良く締まっているので
  煮込んでも煮くずれしません。

  独特のムチムチとしたとろけるような食感が
  海老芋の特徴でもあり、魅力でもあります。

季節限定 京の冬の味覚

  寒くなるこれからの時期はやっぱりアツアツの
  おでんなどの煮物によく合います。

  コトコトと煮ふくまれ、味のよくしみた海老芋の
  何ともいえない贅沢な味わい・・・

  この季節にしか味わうことのできない
  京の冬の逸品です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • ねっとり!

    2014/12/10 投稿者:購入者 おすすめレベル:★★★★★

    里芋に比べて割高だと思いましたが、購入してよかったです。
    きめ細かさが違います。
    白味噌のお椀、蒸かしてシンプルに塩をつけたり、田楽味噌でいただいたり、炊いたり揚げたり、万能です。

このページの上部へ

お買い物状況

合計数量:0

商品金額:0円

お買い物かご

ログイン

八百由商店取り扱い商品カテゴリー

京野菜の大量購入をお考えのお客様へ

京野菜を愛する店長の雑感ブログ

京野菜レシピ集

2019年2月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
2019年3月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31